新1/500スケールモデル 宇宙戦艦ヤマト 比較考察
OPTION 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 NEXT BACK SKIP
photo
photo

側面形&平面形

幅員が後方に向かって広くなる旧デザインの特徴を反映した甲板形状と、
DVD特典キットからメインノズル拡張の副作用を極力押さえ込んだ感じの側面形。

photo

艦首からの外観

波動砲開口部上の折れ線で段差がつけられた筋彫りラインはこの製品だけの特徴。
砲口が縦長なのは、上下スパン圧縮感を解消しつつフラット側面を維持する効果がある。
前甲板両サイドに設けられた手摺りは格納扉の目印か?フック状のモジュールも付いてる。
球状艦首と波動砲区画のボリュームは等しく、非常に珍しい造形だ。
司令塔のボリュームも旧デザインに近い雰囲気で、DVD特典キット同様、第二艦橋正面は前方に絞られた形。

photo

艦尾からの外観

平面形合わせの艦体曲面と同心円形状のメインノズルを一本化した面取りは、
当然側面形に同じ型を投影するため、上下に同じシルエットの拡張が見て取れる。
バランス面では軸線が重なるはずだけど、喫水線の低さからトップヘビーな印象を受ける。
そのため、尻上がり形式なのに見た目は尻下がりな艦尾景観になっている。
司令塔後部には拡張デッキが設けられたが、積載物にあまりこだわりが無い様子。
サブノズル開口部はナナメ断ち切り。

photo photo

上方からの甲板全景

旧デザインに近い甲板景観だが、艦体フォルムから来る面取りの逆転傾向があちこちにある。
艦首の抑揚が大きく、波動砲も球状艦首もリーチが長い。
第二主砲設置位置側面に引き込みラインが出ている。
司令塔設置部は独特の解釈で、裏回りした側壁に砲台が引き込まれた形状。
細身な煙突は引き継がれ、1/350キット風にサーチライト配置。

photo photo

あおり視点からの艦底外観

急角度の同心円処理を艦体が消化しきれず、ノズル下垂部は格納庫ハッチまでカバーしてしまっている。
それでもここはデッサン面の意匠が上手く作用していてまとまりがいい。
第三艦橋両サイドのシャッター付きバルジの接合部にアクセントが付けられた。
第三艦橋サイズはスケール比では大き過ぎるけど、上部司令塔とのサイズ差が縮まったことで違和感があまりない。

photo

ヤマトのイメージ位置付け

DVD特典キットで構築された新スタンダードに、
スケールモデル視点からのアプローチでフォーマットを調整したようなヤマトだ。
しかし、これまでの立体造形では盛り込まれなかった旧デザイン要素を様々取り込んだことが評価されたかどうかは微妙で、
イメージモデル的に評価の高かったDVD特典キットと同じ目線での見解を強く持たれてしまったので、
かえってマイナスに受け取られた面が多い気がする。
DVD特典キットが限定的リリースで、現物が浸透していないことも影響したかも。

photo

正解を踏襲している要素

残念なことに、旧デザインの立体造形が存在しないことから、
このキットが表現した内容はおそらく見た目にほとんど馴染みのないモノで、
正解認識と受け取られることはないように思われる。
ただし、入手しにくいDVD特典キットの代替品的な価値観から、ファンには大変喜ばれている様子。


検証結果

イメージモデルの打ち出す正解は部分的なものの組み合わせで、正解認識を誘うには適しているが、
ヤマトのデザインを再現することは事実上不可能である。
スケールモデルは製作側が設定デザインに対する距離を置き過ぎて、デザイン再現にはかたくなに消極的なのと、
イメージを踏襲するための伸びしろがほとんど無いのが致命的。
また、メジャー化しつつある3DCGによるモデリングは、ヤマトのデッサン、特に三次曲線を描くには根本的に向いていない。
ヤマト設定デザインのデッサンを履行したところで、正解認識されるに必要な既製の裏付けは無く、製作にはマイナスイメージが付きまとう。

と、手持ちのアイテムのみの引用だけどこれがここまでの検証で得た内容をまとめた中間報告。

サプライズな結末

宇宙戦艦ヤマトTVシリーズ一作目のリメイクアニメ化企画があるらしい。
その作品に登場予定の3Dモデルがこの新1/500だという話。
既製の立体を持ってオフィシャル化...考えようによっては究極の正解提示方法とも言えよう。
手持ちのアイテムがそのままTVアニメ本編で活躍、すなわち真の正解の条件すべてを満たすことになるわけか。
結果行き着く先はそういうことで間違いではないんだけどね...

リメイクTVシリーズ放映と同時にこの新1/500キットは宇宙戦艦ヤマト真の正解となる。

[宇宙戦艦ヤマト研究室]

第一部 完

 

OPTION 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 NEXT BACK SKIP
inserted by FC2 system