1/1000 新宇宙戦艦ヤマト

OPTION 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 RETURN

1/1000 新宇宙戦艦ヤマト 画像

現在は[YAMATO2520]として知られているシドミードデザインの新宇宙戦艦ヤマト。
研究云々よりも新ヤマト立体化に個人的想いを寄せつつ粛々取り組んでいた。
スタートしたのが20年ちかく前。
他のモデルがポツポツ完成まで到達していく中、取り残されていたモデルのひとつがようやくここまで来たか!・・・な感じ。
新ヤマトの立体化・製品化はなく、20年待ち続けたとしても手に入れるチャンスすらなかったワケで、
自作に舵を切った判断は正しかったととりあえず喜んでおきたい。

図面を詳しく展開して造形してみるとデザインの精密さや洗練された設計規格とともに、ちゃんと宇宙戦艦ヤマトのフォーマットになっていることに気が付く。
[2520]版プラモデルを製作したのみではそんな感想を持つ人はいないと思うけど、形の上では別モノでも触感はヤマトなのである。
この触感は既成のヤマト立体モノ由来とかではなくデザインのライブ感のお話なので、伝わるはずないけど・・・。

旧ヤマトとは違い、こちらはOVA製作前にフルスクラッチされた120cmクラスの大型模型がある。(模型は現存している)
立体化に際して参考資料の決定打と見ていたんだけど、現場合わせ工作をやってみるとなんだか噛み合わない。
シドミードデザインを反映していることは間違いないものの、現物は設計図と異なるテイストになっているようだ。
他に頼れる既成立体モノは存在せず、結局は一から設計製作となっている。

モデルはコピーパーツのストレート組みで完成度的にはまだまだ追い込みが効くはずの段階なんだけど、
正直な話、コレ早くも自力では限界くらいの造形なので、さらなるレベルアップを図るにはモチベーションだけではどうにもならないかも。
流線型を敷き詰める整合の難しいところをクリアして、暫定的にでもシドミードデザインに肉薄するような完成形が見てみたい!
が、工作の工夫次第でなんとかなる次元のデザインじゃないぞコレ!

1/1000 新宇宙戦艦ヤマト 画像

OPTION 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 RETURN
inserted by FC2 system